仙台市議会委員 加藤和彦のHP。活動及びプロフィールなどのご紹介。

<<  2018年02月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
携帯サイトはこちら
メールマガジンの登録/解除はこちら

 
仙台復興リポート

加藤 和彦のBlog


 

      

 仙台市i観光復興対策  [2016年06月20日]
 6月定例会会派代表質疑、新設された文化観光局から提出された観光復興対策実施計画に関連した質疑が多かった。特にインバンドの取り組みを推進する仙台市の体制の構築や人材育成等の事業がまだもう一つの段階、当局の説明でもこれぞと言う施策が受け取らない。   政府はインバンドを2020年まで4,000万人、2,30年には」6,000万人の目標を掲げている、外国人旅行者の延宿泊数は、2015年に国内全体で約6、118万人。東北6県では約51万人、震災前のの50万500人に回復、東北6県では日本全体の1パーセント。       「行ってみたい日本の観光地イメージ」、1、温泉 2、桜 3、富士山 4、日本的町並 5、雪景色 5、日本旅館 6、新幹線 8、紅葉 9、城 10、日本庭園。 東北地域には、温泉、桜、日本的な街並み、雪景色、新幹線、紅葉、など魅力的な観光資源が多い。仙台市は計画の目標を達成するために、1、観光復興促進調査、2、地域取り組体制、 3、プロモーション強化、 4、受け入れ環境整備、 5、コンテンツ充実・強化、 6、国際会議等誘致・促進等の事業を掲げた。                                  仙台市議会でも地域経済活性化調査特別委員会を宮城、・東北ツーリスト・ルネサンスで観光客を呼び込みと他都市と協調し取り組み始めている。「四季が織りなす東北の宝」、東北の春、桜と雪、 夏 夏祭 秋 紅葉 冬 雪 。クルーズ船の誘致、小名浜港、仙台塩釜港、宮古港、青森港、秋田港、酒田港、新潟港、と東北寄港の可能性の誘致等を積極的に取り組む協力姿勢が仙台市に期待されている。
Posted at 08:42