仙台市議会委員 加藤和彦のHP。活動及びプロフィールなどのご紹介。

仙台復興リポート
前の記事  |  次の記事  ]

市民参加の活動について

 
市民と行政のパートナーシップの新時代、行政でしかできない領域、市民ができる領域、そして両者協議で行う領域、それをはっきり分担していくことがこれからの街づくりに最も大切な方法です。

歩道の除雪と凍結防止作業を円滑に老人グループみなさんが自費で購入した小型除雪機で「朝一番」安全な冬道へと一生懸命な「雪道おたすけ隊」。市街地市道で除雪に頑張る町内会、高齢者住宅の門前除雪に汗を流すボランティアの方々、町内会と企業が一緒に歩道除雪に協力しあうなど二歩前進一歩後退といった状況ですが、小型除雪機械の購入助成制度の拡充等を行い多くの市民が活動しやすい潮流を新しい風ととらえ、市民と行政の協働によるシステムの形成を図りどう展開していくかお伺いします。

(除雪・凍結防止 市民参加の活動)

最後に市民参加の活動についてのご質問です。

除雪等に対する市民の要請に、全て行政が対応することは困難であり、市民や企業の皆様のご協力をいただくことが重要であると考えております。

これまで「雪道おたすけ隊」などの除雪作業や、企業による歩道への凍結防止剤の散布などにつきまして、ご協力いただいているところでございます。

今年度より小型除雪機の購入助成制度を創設したところであり、今後とも多くの市民の皆様が参加しやすい環境づくりに努めて参りたいと考えております。